薬剤師転職






ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/






究極薬剤師転職サイト

薬剤師が就職する先としては、病院、ドラッグストアや調剤薬局、製薬会社勤務などがあります。年収相場はそれぞれで差がありますし、各地域でも変動しています。
1つのサイトだけで薬剤師の求人案件を残さず掌握することはないです。いろいろな求人サイトを確認することで、実際にあなたに合った転職先を探せる確率が高くなるんじゃないですか。
薬剤師のパート代というのは、他の仕事のパート代より割高です。そんな理由から、ある程度手間をかければ、有利なパートを探すことも可能かと思います。
とにかく忙しくて自分で求人を探すことができないというような人でも、薬剤師専属コンサルタントの人がそういう人の代理で探ってくれますので、楽にちゃんと転職することができるのであります。
仮定の話で、「年収をいっぱいもらいたい」という考えが大きいというのでしたら、調剤薬局に就職する薬剤師がほとんどいない辺鄙な地域で職務に就くという道も考えられます。
これから転職する際は、良かったら使ってもらいたいのが、薬剤師転職サイトというわけです。公開していない求人が相当数に上り、非常に多数の案件を取り扱っているサイトは利用者もたくさんいるとのことです。
薬剤師を求める「非公開求人の情報」を潤沢に抱えているのは、医療の分野を得意とする派遣・人材紹介の会社なんです。年収700万を超える薬剤師求人におけるデータや情報が多くあります。
今現在、薬局だけにとどまらず、各種ドラッグストア、スーパーやDIYショップなど、様々な種類のお店でも薬の販売を始める事が普通になっています。それぞれのお店の数も増え続ける流れにあるのです。
「長いこと仕事をしていなかった」だけなら、薬剤師の転職活動において悪い印象は与えませんが、歳がいっていてパソコンなどが全くできない場合ですと、敬遠されがちになる場合もあります。
薬剤師としての役割は当たり前で、シフトの決定や商品の管理業務やパート・アルバイトの採用案件も請け負います。ドラッグストアというところでは、膨大な業務をこなすことが当たり前と言えます。
現在の医療業界の動向の流れは、医療分業から受ける影響にもより、零細な調剤薬局が数を増し、即力を発揮してくれる薬剤師を、厚遇する風潮が目立ってきました。
中途採用の求人の数が最も多いのも調剤薬局なのです。収入はおよそ450万円から600万円です。薬剤師の職は、経験が重要視されやすいという事情から、新卒の方が手にする初任給より給与額は高くなるのです。
薬剤師が転職をするにあたっての直接の理由やきっかけは、他の職種と違いがあるわけでなく、収入額、作業の内容、仕事上で悩みを抱えている、キャリアアップ、技術関係・技能関係といった内容などが出てきています。
今雇用されている職場よりもっと好条件で、年収もアップさせて就職したいと望む薬剤師さんというのも年々増加して、転職に臨み求めていた通り成功させた方も少なからずいらっしゃいます。
診療報酬や薬価の改定に伴い、病院の収入は減少傾向にあります。そういったことに比例し、薬剤師が手にする年収も下げられてしまうため、大学病院に属している薬剤師の手にはいる給料は増額されにくいのです。