薬剤師転職






ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/






薬剤師求人 大阪

地方やある地域では、薬剤師の不足が深刻化していて、「薬剤師として就職してくれるなら」という期待から、待遇や労働条件をかなりよくして、薬剤師を歓迎してくれる地方や地域もございます。
ドラッグストアについては規模の大きい企業による運営になっていることも多く見られ、年収だけでなく福利厚生ということも、調剤薬局の勤務待遇と比べて高待遇になっているが圧倒的であるように思えますね。
最新の情報や知識を身につけ専門性の向上に努めていくという姿勢は、薬剤師の仕事を続けるために、とても重要なことなのです。転職の現状として、当てにされる知識または能力なども多様なものとなっています。
高待遇・好条件の薬剤師求人の増加が見られるというのが、1月過ぎからのトレンドなのです。一番良い求人に行き当たるためには、先手を打っての転職のための行動は重要項目といえるのです。
時期的に1月以降は、薬剤師さんにおいては、転職は賞与後に、という感じで行動し始める方、新しい4月からの年度に向け、転職について考える人が増大する頃です。
医薬分業という役割分担によって、各地の調剤薬局や全国に支店を持つドラッグストアなどというのが、現在の勤務先であるといえ、薬剤師が転職に臨む事は、かなり頻繁に行われているのであります。
わかりやすくいうと、調剤薬局でする事務処理は「薬剤分野」のところだけ学習すれば良しとされているため、ハードルも低く、あまり気張らずに取り組みやすいと、注目度の高い資格と言えます。
職場スペースが小さい調剤薬局という勤務環境は、やはり製薬会社あるいは病院と比べても、働く上での人間関係は狭くなるものなのであります。というわけで、仕事場との関係性は最大の試練であると言えるかもしれないのです。
薬剤師の仕事は、アルバイト採用でも、他のアルバイトと比較してみたら、アルバイト代金はとても高額です。薬剤師のアルバイトに就いてもらえる時給はおよそ2千円という数字なので、魅力的なアルバイトだと考えます。
近年の医療業界の動向を観察していると、医療分業の設定の結果、小さな調剤薬局が急増、即刻勤務してくれる人材を、厚遇する風潮が目立つようになりました。
薬剤師の方がドラッグストアという場所で、仕事に就くという時に、薬を仕入れると言う作業そして管理の業務だけで終らず、調剤し投薬するという流れもやらざるを得ないこともございます。
薬局勤務をこなす薬剤師というのは、薬の調合の傍ら、他のいろいろな雑用を請け負う状況もおこるため、大変な仕事内容と報酬が満足いくものではないと考える薬剤師も増えているといえます。
レアケースとしては、ドラッグストアでの販売の流れに詳しい流通アドバイザーや、商品開発に関してのコンサルタントという分野の職を選ぶ方もいるのです。
現時点での職場より条件が良く、年収も増額して勤務に就きたいと願う薬剤師の方も増加傾向にあって、転職をしてその希望どおり満足の結果になったかたもかなりいるようです。
薬剤師求人サイトの3〜4社程度の登録会員になり、複数の求人情報を比べることが大事です。その中から、最良な求人案件を上手く選び出すことが可能ですからお試しください。