薬剤師転職






ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/






薬剤師転職サイト 選び方

チェーン店を全国に持つドラッグストアの大手などでは、待遇の非常に良い薬剤師の求人を発信していますから、割合楽に情報を得られる状態です。
近年では、薬剤師を対象にした転職サイトが増えています。どのサイトにも強みがあるので、あなたが使うには、自分と相性が合うサイトを見つけるようにしてください。
薬剤師専門求人サイトをいくつか探して、そこの会員にまずなって、求人案件をあれこれと見比べましょう。その中から、自分にぴったりの勤務先を選択することができるでしょう。
給料に関して多少なりとも不安があって、更に上の給料の勤務先を望んで探す人は多数います。けれども、薬剤師という専門職に関しても、労働条件というものは多岐に展開しています。
これならという給料とか仕事の求人先情報を独自で見出すのは、より難しいこととなっています。薬剤師の職で転職を希望するといった方は、転職支援サイトといった便利なものを、尻込みせずに使っていくべきです。
大学病院に属する薬剤師の年収に関しては、いわゆる一般病院とあまり差のない額であると聞いています。それでも、薬剤師が担当する仕事の量は多く、夜勤などの業務をする場面もあるのです。
求人情報は満載ですし、転職時の諸手続きなどのサポートまでもしてもらえるという点でも、薬剤師の転職サイトは、とても忙しい方たちにピッタリです。サイトを通していろいろと学べるので、初めて転職をしようという方にも使っていただきたいです。
辺鄙な場所で雇用されると、仮に未経験の新人薬剤師であっても、全国の薬剤師さんたちが手にする平均的な年収額にさらに200万円プラスした金額で働き始めることもできます。
出産などで休職した後、再び職場復帰することが少なくないのが薬剤師でありますが、家事や育児との両立を重要視していることから、アルバイト、パートで働きたい人がとってもいっぱいいます。
医療分業化に伴い、調剤薬局のお店の数は、コンビニの数より多いということです。調剤薬局事務での技能というのは地域差がほとんどないので、再就職をしたいときなども永遠の技能として活用することができます。
中途での求人が他より一番多いのは調剤薬局になるのです。その収入に関してはだいたい450万円〜600万円。薬剤師という職業については、経験の高さが大切とされやすいことから、新卒の初任給と比べて高額になるのですね。
職場のスペースが狭い調剤薬局については、やはり製薬会社あるいは病院と比べても、職場の人間関係は小さくなりがちに違いありません。というわけで、職場の環境との関係性が重要な項目と言えそうです。
今のような不況の時代であってもそれなりの高給職に認定されていて、どんなときでも求人情報がある、思わず夢見る薬剤師の年収というのは、2013年において平均の年収で、だいたい500万円〜600万円だと言われております。
これからのこととして、調剤薬局の事務をしたいと希望するのであるならば、レセプト作成というような業務に当たるときに、欠かせない知識あるいは技能の証明としても、現段階で資格を取っておくことが大事だと思います。
何としても、「年収をたくさんもらいたい」と強く願うようなら、調剤薬局所属の薬剤師がほとんどいない離島や田舎などの地方で職務に就くといった選択肢もいいのではないでしょうか。